MYK DESIGN
NEWS ASUDECA? LINEUP SHOP LINKS ENGLISH TOP
トピックス



21.07.23
アシタのデカール7月新製品
グッドマークデカールシリーズ のご案内です!



21.07.02
アシタのデカール7月新製品
航空機シリーズ のご案内です!



21.06.20
アシタのデカール6月新製品 『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!



21.06.02
アシタのデカール6月新製品
Re:WINGSシリーズ のご案内です!



21.05.20
アシタのデカール5月新製品 『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!



21.05.15
アシタのデカール5月新製品 Re:WINGSシリーズ のご案内です!













雑誌掲載のお知らせ---

MYKデカール新商品情報は
模型誌でもご覧頂けます。
・モデルアート さん
・ホビージャパンさん



ラインナップ



AMAZON



アシタのデカール7月新製品
グッドマークデカールシリーズ のご案内です!
21.07.23


TOP

グッドマークデカールベーシックなラインデカール
人気のゴールド&シルバーが登場!
シンプルで使い勝手の良い定番ラインデカールをゴージャスにお楽しみください!


●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリスト
の小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazonでもご予約承り中です!

●それでは、ラインナップです。
スケールはFREEスケールですが
18m前後の人型兵器の1/144〜1/100スケール相当が推奨となります。

●まずはストレート・ラインシリーズから。
線種や長さを定型化したプレーンなラインマークに加えて
アクセントとして使えるラインマーク
の2種をセットしました。
台紙の色が濃くなっている部分がアクセントとして制作したマークです。

TOP

■GM ラインデカール No.7「ストレート・ライン #1 」

 GM-189 ゴールド
 GM-190 シルバー

TOP

●フリースケールのベーシックなラインデカールです。
コーションなどは付帯させずにシンプルにラインのみに特化しています。
ラインマークの太さは 0.3mm/0.5mm/1mm/1.5mm/2mm 、
長さは5mm/6mm/7mm/8mm/12mm/16mm/18mm/55mm 。
市販の1/144スケール、1/100のキットを採寸した上で大きさ・形状を決めました。


●袖や裾などによく見られるラインマーク。ラインの両端を色々な形状に加飾しています。
左側の大きいものが長さ8mm、右側へ7mm、6mm、5mmです。
スケール的には左側が1/100向き、右側へ行くに従って1/144向きになります。
TOP


●こちらはやや長めのライン。中央部にアクセントを付けていますのでプレーンなラインとは違った表現をお楽しみ頂けます。
TOP


●上の2種の中間的なデザインもセットしました。
TOP



■GM ラインデカール No.7「ストレート・ライン #2 」

 GM-191 ゴールド
 GM-192 シルバー

TOP


●#1同様にフリースケールのベーシックなラインデカールです。
#2は破線がメイン。あまり見られないチェッカー柄のラインもセットしました。
ラインマークの太さは 0.3mm/0.5mm/1mm/1.5mm/2mm 、
長さは5mm/6mm/7mm/8mm/12mm/16mm/18mm/55mm 。
#1同様に市販の1/144スケール、1/100のキットを採寸した上で大きさ・形状を決めています。
TOP


●#1同様に袖や裾などによく見られるラインマークです。
デザインは#1とは違うものをセットしています。
左側の大きいものが長さ8mm、右側へ7mm、6mm、5mmです。
スケール的には左側が1/100向き、右側へ行くに従って1/144向きになります。
TOP


●#2ではアクセントとしてこんなマークもセットしました。
コーションデカールなどと組み合わせても色々楽しめそうです。
TOP


■GM ラインデカール No.9
「サークル & ワンポイント #1 」

 GM-193 ゴールド
 GM-194 シルバー

TOP


フリースケールのベーシックなラインデカール、サークル版です。
こちらもコーションなどは付帯させずにシンプルにラインのみに特化しています。
#1は正円バージョン。
サークルラインマークは大きさ違いを5種セット。
各々分割無し、3分割破線、6分割破線、破線(点線)となります。
線種もそれぞれ太細2パターンをご用意しました。
1/144〜1/100のプラキットに合うよう大きさなどは調整しています。


●さらに▽や矢印など定番のワンポイントマークもセット。
こちらもコーションマークは付けずにシンプルにワンポイントマークのみです。
フリースケールですが、マークを大小セットするなど
1/144や1/100相当の大きさで制作しています。
TOP


■GM ラインデカール No.10
「サークル & ワンポイント #2 」

 GM-195 ゴールド
 GM-196 シルバー

TOP

●#2は1/3円や1/4円に分割したバージョン。
実線と二重線をご用意しています。
線種もそれぞれ太細2パターンをセットしました。
1/144〜1/100のプラキットに合うよう大きさなどは調整しています。


●#2でも▽や矢印など定番のワンポイントマークをセット。
こちらもコーションマークは付けずにシンプルにワンポイントマークのみです。
#1とは異なったデザインのマークを1/144や1/100相当の大きさで制作しています。
TOP

●コーションデカールやナンバーデカールと併用することでよりプレイバリューが広がります。
いずれの商品も貼り付け後にニス部分を剥がせる
「アシタのデカール」
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

シンプルベーシックなラインデカール
ゴールド&シルバーが登場です。
クセの強いラインデカールだけではなく、
ベーシックデカールでもカラーバリエーションを充実させていきます!

●さて、今回のラインデカールですが、他メーカーさんからも色々なラインデカールが発売されていますので
後発デカールとしては、差別化という部分で長さや太さなどはかなり検討を重ねて制作しています。
地味な部分ですが、斜線ラインのピッチや円周のRも幾度となくパターンを作り直し、ピッチ幅など微調整を繰り返し納得のいく形状を目指しました。

●その上で、限られた版面の中ではありますが、長さ・太さはなるべく多くのバリエーションを入れています。
例えば「ストレート・ライン」デカールではパーツ自体の幅やモールドやスジ彫りの間の幅などを複数のキットで採寸していますが
製作したマークの寸法
5mm、6mm、7mm、8mm、12mm、16mm、18mmで殆どのキットはまかなえるはずです。
細かく寸法を変えていますが、逆にいうとこれくらい必要だと判断しました。
特に5mm、6mm、7mm1/144制作に重宝しますよ〜。

●どんなキットに貼ってもキャラクターキット付属のシール/デカールの雰囲気を出せるようにということですね。
汎用デカールという性格上完全にフィックスするものは作れませんが、
貼る場所にあった大きさ・形状のものを可能な限りチョイスできるよう作ってみました。

●サークルデカールもバーニア周りや関節周りをひたすら採寸して製作しています。大きいサークルはモールドの外周、小さいサークルはモールドの内周用を想定しています。
ワンポイントデカールですが大きい▽はDANGERマークっぽく、小さい▽や×などはサークルデカールと組み合わせて使うと雰囲気が出ます。マークの間にできる限り詰め込みましたので是非使ってみてください。

●印刷はいつも通りシルクスクリーン印刷
暗い色に貼ってもゴールドやシルバーが比較的きれいに発色してくれます 。
美しい輝きをお楽しみください!

●現在グッドマークデカールにつきまして
ラインデカールシリーズなど品切れアイテムがいくつか発生しています。
再生産の手配は順次進めておりますので
来月よりご用意が出来たアイテムから再販のご案内をさせて頂きます。
販売終了ということはございませんのでご安心ください。




アシタのデカール7月新製品
航空機シリーズ のご案内です!
21.07.02






アシタのデカール航空機シリーズ、グッドマークデカールご予約開始です
航空自衛隊機からは久しぶりにF-2支援戦闘機が登場!
定番のコーションと二マーク&シリアルデカールがラインナップです。
大戦機からは連合軍により接収された鹵獲機のデカールが登場。
日本軍機に施された連合国マークはマーキングとしての珍しさはもちろん、
ストーリー性の高さも含めてお楽しみ頂けるアイテムです。
※グッドマークデカールはご案内が出来次第、更新させて頂きます。

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリストの小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazonヤフオク!(新商品&従来品出品しました!)でもご予約承り中です!

それではラインナップです。
F-2Aは1/144となります!

A-572 航空自衛隊 F-2A 支援戦闘機
「部隊 インシグニア & シリアルナンバー 2021」


航空自衛隊の支援戦闘機、F-2Aの部隊インシグニアとシリアルナンバーを網羅した定番マーキング集です。
百里基地の第3飛行隊、築城基地の第6飛行隊と第8飛行隊に加え
岐阜基地の飛行開発実験団のマーキングをセット。
部隊インシグニアとシリアルナンバーの組み合わせは2021年の最新仕様となります。

A-573 航空自衛隊 三菱 F-2A
「コーションデータ」ver. 3.0


航空自衛隊の支援戦闘機、F-2Aのコーションマーキングを精密に再現した定番デカールです。
小柄な機体にビッシリと記された機体各部のコーションステンシルを丁寧にリサーチしました。
スモールスケールながら仔細に再現されたマーキングは圧巻。
1/144スケールF-2A制作のマストアイテムが登場です。

大戦機は1/144と1/72で登場です!
異彩なマーキングが目を惹く太平洋戦線で連合軍によって囚われた日本軍機を特集。


A-574 第2次世界大戦の鹵獲日本軍機
「T.A.I.U. & A.T.A.I.U.-SEA」


米軍の国籍マークと派手なストライプを施された機体は大戦終盤、
アメリカ軍の航空技術情報部隊(T.A.I.U.)によりフィリピンのクラーク飛行場で接収され調査研究された機体です。
雷電は「JACK REPORT」として報告がまとめられT.A.I.U.のパイロットから高評価を得ました。
疾風はテストをした米軍から「大戦中の日本軍最優秀戦闘機」と評され、
その後日本に返還され鹿児島の知覧特攻平和会館に展示されています。 イギリスの国籍マークとA.T.A.I.U.-SEAが描かれた零戦と雷電は
戦後イギリス軍の東南アジア連合軍航空技術情報部隊(A.T.A.I.U.-SEA)により接収された鹵獲機です。
調査研究の後、雷電と零戦21型は処分、零戦52型のみ本国に輸送され
現在はロンドンの帝国戦争博物館にてコクピット周りの胴体のみ展示されています。

T.A.I.U.
S11 二式戦闘機二型丙「鍾馗」
S12 局地戦闘機「雷電」21型
S17 四式戦闘機甲型「疾風」
S19 天山12型A.T.A.I.U.-SEA
B1-01 局地戦闘機「雷電」21型
B1-02 局地戦闘機「雷電」21型
B1-05 零式艦上戦闘機52型
B1-12 零式艦上戦闘機21型


A-575 第2次世界大戦の鹵獲日本軍機
「T.A.I.C. & 中華民国空軍」


「青空白日」のマークを描いた日本軍機は戦中から戦後にかけて中華民国空軍に鹵獲された機体。
中華民国では戦後のソ連侵攻の対応などで実際に鹵獲した日本軍機を運用していました。 アメリカ軍の航空技術情報部隊(T.A.I.C.)により調査研究された機体です。
多くはスクラップなどで処分されましたが、主要な航空機は国立航空宇宙博物館に保存されることになり
現在も充実した日本軍機コレクションを目にすることができます。 異国の地で数奇な運命を辿った古の日本軍機にデスクトップで思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

中華民国空軍
P-5017 一式戦闘機一型「隼」
シリアルナンバーなし 二式戦闘機甲型「鍾馗」
シリアルナンバーなし 三式戦闘機一型丁「飛燕」
シリアルナンバーなし 四式戦闘機甲型「疾風」

T.A.I.C.
T.A.I.C. 5 零式艦上戦闘機52型
T.A.I.C. 7 零式艦上戦闘機52型
T.A.I.C. 9 三式戦闘機甲型「飛燕」
4808 艦上偵察機「彩雲」11型


A-72178 アメリカ軍 航空技術情報隊
日本軍鹵獲機(鍾馗 疾風 雷電 天山)「T.A.I.U. リポート」


米軍の国籍マークと派手なストライプを施された機体は大戦終盤、
アメリカ軍の航空技術情報部隊(T.A.I.U.)によりフィリピンのクラーク飛行場で接収され調査研究された機体です。
雷電は「JACK REPORT」として報告がまとめられT.A.I.U.のパイロットから高評価を得ました。
疾風はテストをした米軍から「大戦中の日本軍最優秀戦闘機」と評され、
その後日本に返還され鹿児島の知覧特攻平和会館に展示されています。

T.A.I.C.
S11 二式戦闘機二型丙「鍾馗」
S12 局地戦闘機「雷電」21型
S17 四式戦闘機甲型「疾風」
S19 天山12型


A-72179 イギリス軍 東南アジア連合軍航空技術情報隊
日本軍鹵獲機(零式艦上戦闘機52型 雷電)
「A.T.A.I.U.-SEA リポート」


イギリスの国籍マークとA.T.A.I.U.-SEAが描かれた零戦と雷電は
戦後イギリス軍の東南アジア連合軍航空技術情報部隊(A.T.A.I.U.-SEA)により接収された鹵獲機です。
調査研究の後、雷電と零戦21型は処分、零戦52型のみ本国に輸送され
現在はロンドンの帝国戦争博物館にてコクピット周りの胴体のみ展示されています。

A.T.A.I.U.-SEA
B1-01 局地戦闘機「雷電」21型
B1-02 局地戦闘機「雷電」21型
B1-05 零式艦上戦闘機52型
B1-12 零式艦上戦闘機21型 モチロン、いずれのアイテムも貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」です。
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●さらに今月はアシタのデカールサマーキャンペーンを開催!
Amazonヤフオク!のMYK DESIGN直販店にて
航空機デカールシリーズ3点お買い上げでキャンペーンデカールを1点ご進呈致します!


ご進呈するデカールはこちら↓

1/72 航空自衛隊 F-35A ライトニング I I
「第301飛行隊 2021」




301SQのマーク発表前に制作したものなので
カエルの星の意匠に違いがあります。
1/144でご好評頂いたので 1/72も日の目を浴びることとなりました。
「夏休みのおまけ」的にお楽しみ頂ければ幸いです。

●キャンペーン期間は7月18日(日)24:00まで。
数量も限られていますのでご用意した枚数が終了した場合も期間に限らずキャンペーン終了となります。

●対象となるデカールは航空機デカールシリーズです。
Twitterでもお知らせしていますが、型番がA-〜のアイテムとなります。
従いまして戦車のデカール(型番T-〜)のデカールや
グッドマークデカール(型番GM-〜)は対象外となりますのでご注意ください。
ちなみに型番はマーキングガイドの右上付近に記載されています。

●F-2デカールが久しぶりにラインナップ。記念塗装機も多く登場していますが、まずは定番デカールからです。
コーションデカールはver.3。
ver.1はアルジャーノンさん、ver.2は技mixでしたが
今回はエフトイズ/プラッツさんのF-2Aにフィックス。
コーションの位置関係などなど細かく調整してあります。

●ちなみに、今回のコーションデカールは実機に寄せたかったのでこれまでのF-2コーションデカールより白に近いグレーとなっています
結果、デカールのシートとほぼ変わらない色味となり
結構切り出すのに大変かもしれません。
一応、シートの色味が調整できないかとか相談はしたのですがちょっと無理でしたので・・・。
マーキングガイドである程度切り出しやすいようご案内させて頂くつもりです。

●大戦機はちょっと目を惹くマーキングということで
鹵獲機を特集してみました。
光人社さんから書籍が発売されたときにデカール作りたいなぁ、と考えて早7年
ようやくリリースです。
ヒストリー的というかストーリー的というか
現在にも繋がるという意味でもコレクション性の高いデカールになりました。
模型でしか残せないアイテムですね。
マイ・ディスプレイ・ミュージアムというか、そんな感じでお楽しみ頂けると嬉しいです。

●それから、サマーキャンペーンデカールですが
今月空自のF-2がラインナップということもあってキャンペーンをさせて頂きました。
マークkも違っちゃったしホントはお蔵入りと考えていたのですが、1/144が思いの外好評でしたので1/72も復活です。
1/144同様、おまけデカールとしておおらかな気持ちでお楽しみくださいませ〜。

●ということで久しぶりに新製品大量投入の航空機デカールです。
1/144ですが、F-2は春にプラッツさんのキットがリリースされたタイミングですし、大戦機もプラッツさんのコトブキ飛行隊シリーズなど比較的入手しやすいアイテムが多いかな、と。
ただ、正直ちょっと渋めのアイテムということもあり生産数はあまり多くありません。
ご予約完売ということはないとは思いますが、
念のためお早めのご検討をお勧め致します。

グッドマークデカールにもニューカマーがラインナップ!ご好評頂いております
「ラインデカール ストレートラインとサークルライン」に新色ゴールド&シルバーが登場!
次回更新で詳細をご案内させて頂きます!




アシタのデカール6月新製品
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!
21.06.20





アシタのデカール 6月新製品、 いよいよ発売です!
アシタのデカールのキャラクター模型用ブランド
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』
人気のラインデカール withコーションシリーズに
クールブルー、オレンジ、グレーが登場!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリスト
の小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazonでもデリバリー開始です!

改めて「アシタのデカール」とGMデカールのご案内です。
「アシタのデカール」

デカールの貼り付け乾燥後に透明部分を剥がせる特別なデカール
インレタと同じような仕上がりですが、多色刷りが可能で位置決めも通常の水転写デカールと同様に行えます。
不自然なデカールの透明部分の反射もなくペンキなどでペイントされた実在のマークさながらの出来映えです。

●商品パッケージはコチラ!
左から1/100スケール、1/144スケール、1/100裏側となります。
売り場でも一際目立つオレンジイエローが目印です!


●さて、「アシタのデカール」をご存じない方には透明部分を剥がせる特別なデカールといわれてもピンとこないかもしれません。
なので、画像を交えてご紹介させて頂きます。

1.デカールを貼る
台紙から切り出したデカールを水またはぬるま湯に浮かべて模型に貼り付けます。
こういった工程は普通の水転写式デカールとほぼ変わりません。

デカールの透明部分が光を白く反射しています



ご注意頂きたい点は水に浮かべる前にデカールの透明部分を切らないこと!
透明部分に余計な力が加わることにより貼り付ける前にインクから剥がれてしまう場合があります。
特に切れ味の鈍くなった刃物を使用する際は要注意です。
その他の部分も含めてご注意頂きたい点などは付属の使用上の注意に解りやすく記載してありますのでご安心を。

2.デカールの透明部分を剥がす。
デカールが完全に乾燥してからいよいよ透明部分を剥がします。
透明部分の端からゆっくりと。
画像ではピンセットを使用していますが、先の鋭利な刃物で引っかけたり粘着テープを用いても可能です。



透明部分にインクがくっついてきてしまった場合は、
市販のデカール用糊やマークセッターを塗布してからそっと戻すと乾燥後にリトライできます。
この辺りのTIPSも付属の説明書に解りやすく記載してあります。


3.透明部分を完全に剥がしたデカール
表面に残っている糊を水分を含ませた綿棒などでぬぐいます。
この後、模型の他の部分とのツヤを整えたり、表面を保護するためにトップコートを吹き付けても良いでしょう。
ただし、吹き付けすぎはインクが溶剤により溶け出す可能性がありますので何回かに分けて少しずつ吹き付けてください。




●特にコーションマークなど細かいマークは接着面が小さいため、セッターの併用をオススメしています。
こんなカンジでビッシリとコーションデカールを貼ることができます。↓

「アシタのデカール」を貼り付けた状態】
1/144スケールの航空機です。
大きさ的にはガンプラの1/144スケールよりさらに小さく全長は11cmほどです。
塗装済み半完成品の食玩なので基本塗装は元の製品のままいじってはいません。
デカールは「アシタのデカール」の航空機模型シリーズを使用しています。
スケールは1/144。今回リリースしたGMデカールシリーズの1/144コーションよりもう少し細かいプリントになります。
台紙から切り出して貼り付けただけの状態です。



透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 1】
トップコートはつや消し。スプレーのものを使用しています。
「アシタのデカール」の場合、トップコートを吹く目的は
・表面保護
・ツヤの調整

の2点です。
透明部分を見えなくするための研ぎ出しをする必要はないので塗膜も薄く仕上がります。



透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 2】
コチラも食玩ベース。水色部分、機番、日の丸、コーションは「アシタのデカール」です。
実機がグロス塗装なので透明部分を剥がした後、ツヤ有りのクリアーを最終的にはかなり厚吹きしてテロッと仕上げています。
段階を踏んでスプレーしていけばこのように厚吹きも可能です。



【ウォッシングをした状態】
トップコート吹きつけ後にエナメル塗料で軽くウォッシングしています。
このような使い方も可能です。
トップコートなしでもエナメルには耐性が高いですが、エナメル塗料の性質上浸け過ぎにはご注意下さい。



参考までにもう1枚。



コチラは同じく塗装済みのトレフィグにコーションデカールを貼り付けたもの。航空自衛隊のF-15です。
機体に細かく付いている黒・赤・黄色のマークはほぼ全て「アシタのデカール」によるコーションです。
※水平尾翼のウォークウェイラインなど一部はもとからのタンポ印刷です。



コーションデカールはGMデカールの1/144よりさらに細かいコーションになっています。
文字の判読は難しい大きさですが、繊細なコーションデカールで精密感が
グッとアップしています。
タンポ印刷などで元からこのような状態というわけではありませんよ〜。
透明部分を剥がしてしまうと本当にプリントされているような錯覚を起こします。



●如何ですか?「アシタのデカール」で通常のデカールとまた違った仕上がりをお楽しみ頂けるのが伝わったでしょうか?
ご覧頂いたとおり、デカールを貼る手軽さで塗装したような美しい出来映えとなります。
コーションのような細かい文字でも透明部分が無くなり実感溢れる仕上がりになります。
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』でも美しく繊細なデカールをラインナップしています。
是非一度お試し下さい!

『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』、現在は1/100と1/144の2種のスケールとFREEサイズの展開をしています。
1/100と1/144についてはSFに登場する18メートル前後の人型兵器を想定したスケール感。
汎用性の高いコーションマーク、部隊符号にピッタリのナンバーデカールや
フォントデカール、カッコイイ部隊マークなどをリリースしていきますが、
各マークはシールドや肩、胸やポイントとなる装甲などに程良く貼れるよう
スケール毎に大きさを調整しています。
汎用的に裁量を大きく使えるストレートラインとラインサークルについてはFREEサイズでの展開です。


今回はコーションデカール、ナンバーデカールでもラインナップしている人気の3色が登場!
3色並べてもカッコイイ色味!
コダワリのブルー、
MYK DESIGNのテーマカラーのオレンジ、
定番のグレー
を選ばせて頂きました。

・クールブルー
赤みのあるパステル調のコバルトブルーです。
セ○チ○ルの雰囲気を出せそうな色味を作りたかったので。
色校正を3回とるなど色味には腐心しました。
オレンジ、グレーとの並びも含めての色味となります。
この3色の並びもセ○チ○ルっぽいですね。
清潔感のある色味は白はモチロン、キャラクターブルーなどブルーonブルーで貼っても美しい仕上がりとなります。

・オレンジ
いわゆるビビッドオレンジ。彩度の高い目に鮮やかなオレンジです。
グレーやホワイトとの相性も良いので是非一緒にお使い下さい。
差し色としても有効な色味なのでワンポイントで使うのも宜しいかと。
ガールズキットにも似合う色味としてもチョイスしています。
高木虎之助のアロウズとか超カッコイイです。いまだに。
MYK DESIGNのテーマカラー
最初はこの色から始まりました。
今でもサイトにチョコチョコ残っているのはその名残です。

・グレー

ダークグレー、ライトグレーが先行していましたが、その中間のミディアムグレーが登場です。
汎用性の高い色味ですので、先のオレンジやブルーと併せてもカッコよくお使い頂けます。
ダーク、ライト、ミディアムの3色使いでロービジというのも航空機の雰囲気ムンムンでテンション上がります。


■GM GM ラインデカール No.1
 1/100 「with コーション#1」 

 GM-177 クールブルー
 GM-178 オレンジ
 GM-179 グレー







■GM GM ラインデカール No.2
 1/100 「with コーション#2」 

 GM-180クールブルー
 GM-181 オレンジ
 GM-182 グレー









幾何学的なラインにコーションマークをアクセントに加えた「with コーション」シリーズに新色が登場です。
近未来のSF兵器に見合うようにデザインされたマークは、左右・天地対称をセットにするなど汎用性が高く使い勝手の良いものとしています。
複雑な構成のラインマークは実際に該当スケールのロボットキットに貼り込んで形状や大きさを調整。
コーションマーク部分もGMデカールの「コーションシリーズ」同様、現用兵器のステンシルを参考にするなど、架空のSF兵器を想定しつつ現実感を損なわないよう配慮されたマークとなっています。

■GM ラインデカール No.3
 1/144 「with コーション#1」 

 GM-183 クールブルー
 GM-184 オレンジ
 GM-185 グレー









■GM ラインデカール No.4
 1/144 「with コーション#2」 

 GM-186 クールブルー
 GM-187 オレンジ
 GM-188 グレー









コチラは1/144スケール。
コンセプトは1/100と同様ですが、スケールに見合ったものになるようマークの形状は1/100と一部変更を加えています。
1/144も1/100も該当のスケールのキットに貼りながら製作していますが
スケールなりのキットの作りとかそもそものスケール感などによって作りを調整する必要があるんですね。


モチロン、いずれのアイテムも貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」です。
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

ということでラインデカールに新色が登場!
既存のシリーズからの色替えですが、
色味によってガラッと印象が変わるので是非お試し下さい!
特に今回の「ラインデカールwithコーション」シリーズは
コーションデカールのみと異なり
マーク自体のボリュームがありますので
全体のカラーリングの差し色としても有効です。
デカールなので貼るだけといのもお手軽です!
デカール映えするカラーリングを考えるのもなかなか楽しいですよ〜。

●梅雨時ということで塗装は捗らない季節ではありますが
物は考えよう。
それ以外の作業をガンガン進めましょう!
いつ晴れ間が来てもいいように!
ワタクシも幾つか取り掛かっております。
それでは、次回更新もお楽しみに〜!




アシタのデカール6月新製品
Re:WINGSシリーズ のご案内です!
 21.06.02




Re:WINGSシリーズより現用アメリカ軍機2種が登場!
ド派手なF/A-18A++、海兵隊のシルバーイーグルスと
空軍のベストセラーファイター、F-16のコーションステンシルがラインナップします。
久しぶりのリバイバルデカール、是非コレクションに加えてください!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリスト
の小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazonヤフオク!でもご予約承り中です!

それではラインナップです。
スケールはいずれも1/144となります!

A-570 米海兵隊 F/A-18A++
VMFA-115 シルバーイーグルス 「岩国基地」




2009年に岩国基地にローテーションで配備されたVMFA-115 シルバーイーグルス。
配備直後に飛行隊長機に施されたカラーリングは日本の航空機ファンの度肝を抜きました。
特に尾翼に描かれた星条旗は微妙なグラデーションで描かれていて本当に旗がはためいているかのようです。
デカールはその2009年仕様と前年の2008年仕様をセレクトしました。


A-571 米空軍 F-16 ファイティング・ファルコン
「コーションデータ」




F-16のコーションデータを精密に再現!
ウォークウェイラインの有無などディティールの違いで2機分をセットしました。
精密なコーションデータが模型を引き立てます!


モチロン、いずれのアイテムも貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」です。
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●今月はRe:WINGSシリーズより米軍現用機がラインナップ!
先月の大戦機同様、ドイツレベル社のF-16やプラッツさんのF/A-18など比較的キットが入手しやすそうなデカールをセレクトしました。

●シルバーイーグルス、昨年厚木にフルカラーのVE01が飛来したのを思い出してリバイバル。
尾翼の星条旗カラーは時期によって違いますが、旗の柄がたなびく感じなどデカールの2009年仕様が一番カッコイイ気がしています。
F-16は定番マークということで手堅く再登板です。

グッドマークデカールにもニューカマーがラインナップ!ご好評頂いております
「ラインデカールwithコーション」に新色が登場!
次回更新で詳細をご案内させて頂きます!
商品出荷位のタイミングでの更新を予定していますので
お楽しみに!









アシタのデカール5月新製品 『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!
 21.05.20







●グッドマークデカール 5月新製品のご案内です!
今月はラインデカール「ニューロン」
フォント・ナンバーデカールに新色が登場。
特にシックでゴージャスなゴールド&シルバーはイチオシですよ〜!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリスト
の小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazon/ヤフオク!でもデリバリー開始です!

それでは今月のラインナップです。
まずはユニークなデザインでご好評頂いている
ラインデカール「ニューロン」
新色ゴールド&シルバーがラインナップ!

神経や電気伝達回路をモチーフにしたラインデカール、
「ニューロン」シリーズです。
マークは実在の航空機や装甲戦闘車両などを参考に現実に人型兵器が運用されることを想定して制作。
1/100、1/144スケールはSFに登場する18メートル前後の人型兵器を想定したスケール感です。

●各マークは近未来のSF兵器に見合うようにデザイン。
左右・天地対称のマークをワンセットにするなど使い勝手の良さに配慮したデカールです。
複雑な意匠のラインマークは実際に該当スケールの様々なロボットキットに貼り込んで制作。
できる限り色々なキットでご利用できるよう形状や大きさを調整しています。
更に汎用性の高い図柄もセットしていますので1枚で様々なシーンにお役立て頂けます。

●さらにゴツ目のフォルムが人気の
ナンバー・フォントシリーズ
爽やかなクールブルーが登場です!

■GM ナンバーデカール No.5
1/100「ニューロン 」

 GM-167 ゴールド
 GM-168 シルバー




■GM ナンバーデカール No.6
1/144「ニューロン 」

 GM-169 ゴールド
 GM-170 シルバー





●部隊符号や機体番号などになどにオススメのミリタリー風のステンシル書体「ミリタリーステンシル」
アウトライン書体「ラインシェイプ」
ナンバー、フォントそれぞれにご用意しました。

●「ミリタリーステンシル」は軍用のステンシルペイントをアレンジ。
書体の分割ラインは実際の航空機や戦闘車両にステンシルへの吹きつけ塗装で描かれている文字を参考に制作しています。

●「ラインシェイプ」は「ミリタリーステンシル」を元にアウトラインを書体にして近未来的なミリタリー書体にしました。
もちろん単純にアウトラインをなぞっただけではなく適宜調節して違和感の無い様デザインしています。

●数字・文字は各々太さや長さのバランスを取っていますのでどの文字を並べても自然に見えます。
大きさも人型兵器の盾や肩、胸、肘、膝など部隊記号が映えそうな箇所に程良く貼れるようスケール毎に調整
その際機械的に大きさを変えるのではなく、サイズごとに文字の太さ長さのバランスを個別に見直しています。


■GM ナンバーデカール No.3
1/100「ミリタリーステンシル 」

 GM-171 クールブルー

■GM ナンバーデカール No.4
1/100「ラインシェイプ」

 GM-172 クールブルー





■GM ナンバーデカール No.5
1/144「ミリタリーステンシル&ラインシェイプ 」
 
 GM-173 クールブルー



■GM フォントデカール No.1
1/100「ミリタリーステンシル ・アルファベット」

 GM-174 クールブルー

■GM フォントデカール No.2
1/100「ラインシェイプ ・アルファベット」

 GM-175 クールブルー





■GM フォントデカール No.3
1/144「ミリタリーステンシル&
   ラインシェイプ ・アルファベット」

 GM-176 クールブルー




モチロン、いずれのアイテムも貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」です。
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●今回はゴールド&シルバーが初登場!
キラキラと輝くラインデカールは高級感のある仕上がりにピッタリ!
また、金属的な質感を意識してワンポイントのアクセントとしても「映える」デカールとなっています。
ゴールド&シルバーでいつもとは一味違った表現をお楽しみください!

●ナンバー/フォントデカールにはクールブルーがラインナップ!
クールブルーは昨年先行リリースしたコーションデカールと同じ色味
精密なコーションと組み合わせてお使い頂くとよりプレイバリューが広がります!

●グッドマークデカール、ようやく各デカールのカラーバリエーションが充実してきました!
(長かった・・・)
カラーを統一してシンプルに決めるもヨシ!
カラーを組み合わせて複雑に攻めてみるもヨシ!
豊富なカラーバリエーションで楽しみ方もグンと広がります。
お好みのカラーをチョイスしてお楽しみください!





アシタのデカール5月新製品 Re:WINGSシリーズ のご案内です!
 21.05.15




Re:WINGSシリーズより日本陸軍大戦期のエースが登場!
二式戦闘機「鍾馗」と三式戦闘機「飛燕」の撃墜王が勢揃いです。
久しぶりにラインナップされたマーキング、是非コレクションに加えてください!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方は
コチラのリスト
の小売り店様及び問屋様でごお取り扱い頂いております。
MYK DESIGN直販のAmazonヤフオク!でもご予約承り中です!

それではラインナップです。
スケールはいずれも1/144となります!

A-567 中島 キ44-U 二式単座戦闘機 鍾馗 「無塗装機」



太平洋戦争を通じて活躍した「重戦」鍾馗のマーキング集です。
機体に大きく描かれた撃墜マークが一際目を惹くB-29キラーの吉田大尉機と小川准尉機、
スピナーを赤く染めた大陸戦線のエース、
「赤ダルマ隊長」こと若松大尉機の3種が再現できます。

A-568 中島 キ44-U 二式単座戦闘機 鍾馗 「迷彩塗装機」



太平洋戦争を通じて活躍した「重戦」鍾馗のマーキング集です。
スピナーを赤く染めた大陸戦線のエース、
「赤ダルマ隊長」こと若松大尉機、
ブルーの部隊マークで彩られた戦隊長斎藤少佐機など
迷彩塗装が施された飛行第85戦隊の所属機5種が再現できます。


A-569 川崎 キ61-T三式戦闘機 飛燕 飛行244戦隊
「小林隊長機」


帝都防衛に活躍した飛行第244戦隊、小林戦隊長機のマーキング集です。
赤い敵味方識別帯や機体番号など近年の考証に従いデカールを制作しました。
デカールの組み合わせにより小林隊長搭乗機3機種が再現できます。

モチロン、いずれのアイテムも貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」です。
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●今月はRe:WINGSシリーズより大戦機がラインナップ!
プラッツさんのコトブキ飛行隊のキットも比較的手に入りやすいですし、鍾馗と飛燕をチョイスしました。

コトブキ飛行隊のシリーズ、ほぼ日本陸海軍戦闘機の機体が揃ってしまうのでワタクシも半ば定期的に購入しております。
こう、一気にLSのキットまで戻らなくとも良いカンジがありがたや〜です。

●ただデカールがコトブキ仕様なのでその辺をフォローしたかった、というのも今回のRe:WINGSラインナップの理由の一つ。
ということで、実機のマーキングでも作りたいという方にオススメのデカールとなっております〜。

●次回更新はグッドマークデカールの新製品のご案内!
商品出荷位のタイミングでの更新を予定しております。
お楽しみに!






 


Copyright (C):2021 MYK DESIGN. All Rights Reserved.

TOP 海洋堂ワールドタンクミュージアム(WTM)対応の1/144スケール戦車用デカールやエッチングパーツ、 1/144スケール飛行機用デカールを製作しております。 詳しくはこちら! YAHOO!オークションへ! アマゾンへ!