MYK DESIGN
NEWS ASUDECA? LINEUP SHOP LINKS ENGLISH TOP
トピックス



19.09.04
アシタのデカール 9月新製品のご案内です!



19.08.08
アシタのデカール 8月新製品のご案内です!



19.06.28
アシタのデカール 7月新製品のご案内です!




19.06.09
アシタのデカール 6月新製品

『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!



19.05.15
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!


19.04.28
アシタのデカール 5月新製品のご案内です!


19.03.05
アシタのデカール 3月新製品のご案内です!
















雑誌掲載のお知らせ---

MYKデカール新商品情報は
模型誌でもご覧頂けます。
・モデルアート さん
・ホビージャパンさん



ラインナップ



AMAZON



アシタのデカール 9月新製品のご案内です! 19.09.04





●アシタのデカール9月発売予定新製品のご案内です。
シリーズタイトルは『南方の翼』
ビルマやフィリピンなどの南方戦線で奮闘した帝国陸軍機特集しました!
今回は1/144、1/72、1/48の各スケールをご用意。
1/144は前回に引き続きプラッツさんの『荒野のコトブキ飛行隊』シリーズをターゲットにしたデカールシリーズ第2弾です。
1/72はファインモールドさんのMG誌付属キット、1/48はハセガワさんのキット推奨となります。

●そして更に!1/100スケールも緊急参戦!
モチロン、エフトイズさんの『荒野のコトブキ飛行隊』ミニアクション隼1型がターゲットです!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方はコチラのリストの小売り店様及び問屋様でご予約開始となります。
MYK DESIGN直販のAmazonご予約受付中!
ヤフオク!の出品は少々お待ち下さい。

●今回、WEB直販でのご予約特典として限定のボーナスデカールをご用意致しました!
・一式戦闘機 隼1型「明野教導隊」
精鋭、明野教導隊所属機です。



ヤフオク!、楽天、AmazonのMYK DESIGN直販で1/144「アシタのデカール」新製品(A-524、A-525、A-526、A-527)いずれか3枚をご予約につき1枚ご進呈させて頂きます。
例1)A-524×1、A-525×1、A-526×1をご予約で1枚ご進呈。
例2)A-524×2、A-525×2、A-526×1をご予約で1枚ご進呈。
例3)A-524×2、A-525×2、A-526×2をご予約で2枚ご進呈。
9月15日までにご予約された方が対象となります。
※ご予約特典は売買が成立時のご進呈となり、ご予約品と同梱でお届けさせて頂きます。


●それではラインナップです。
まずは1/144スケールから。

A-524 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #1


大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、1型のマーキング集です。
「加藤隼戦闘隊」で有名な飛行第64戦隊からは隊長 加藤中佐搭乗機と
後に義足のエースとして名を馳せる檜中尉搭乗機をご用意。
さらにおよそ30機撃墜の隼エース 第50戦隊の穴吹曹長搭乗機機ほか
胴体の三重楔が目を惹く飛行第1戦隊機など計6機種をセットしました。
敵味方識別帯や防眩塗装部分などもセットされていますので
お手軽にカラーリングをお楽しみ頂くことができます。

A-525 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #2

大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、1型のマーキング集です。
飛行第1戦隊隊長 武田少佐搭乗機や
第11戦隊隊長杉浦少佐搭乗機など大胆なカラーリングの隊長機が目を惹きます。
さらに尾翼から伸びるイナヅママークが特徴的な第50戦隊所属機や
飛行第11戦隊所属機2種を加えた計6機種をセットしました。
敵味方識別帯や防眩塗装部分などもセットされていますので
お手軽にカラーリングをお楽しみ頂くことができます。

A-524とA-525には初回出荷分限定でボーナスデカールが付属します!
1〜3のいずれか1点がランダムで付属致します。
1.中島 一式戦闘機 隼 1 型 「第59戦隊」
2.中島 一式戦闘機 隼 1 型 「第64戦隊」
3.中島 一式戦闘機 隼 1 型 「第1戦隊」



A-526 中島 キ44- 二式単座戦闘機 鍾馗 「南方戦線」

力強いフォルムが特徴的な「重戦」二式単座戦闘機「鍾馗」のマーキング集です。
一式戦闘機「隼」で有名な飛行第50戦隊所属機や飛行第64戦隊所属機のマークをセット。
同じ部隊マークの機体を並べることでコレクションに生まれるストーリーもお楽しみ下さい。
その他、第22戦隊所属機や第87戦隊所属機を加えた計7機種をセットしました。
敵味方識別帯や防眩塗装部分などもセットされていますので
お手軽にカラーリングをお楽しみ頂くことができます。

A-527 川崎 キ61-沁O式戦闘機 飛燕 「南方戦線」

スマートな液冷エンジン搭載機、三式単座戦闘機「飛燕」のマーキング集です。
「いぶき」や「つくば」といった機体の愛称が描かれた第18錬成飛行隊所属機や
フィリピンのクラーク基地で活躍した第19戦隊所属機の他
第7錬成飛行隊、第17戦隊、第55戦隊所属機の計7機種をセットしました。
敵味方識別帯やウォークウエイラインなどもセットされていますので
お手軽にカラーリングをお楽しみ頂くことができます。

●1/100スケール隼デカールも登場!

A-10001 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」

「加藤隼戦闘隊」で有名な飛行第64戦隊からは隊長 加藤中佐搭乗機と
後に義足のエースとして名を馳せる檜中尉搭乗機をご用意。
さらにおよそ30機撃墜の隼エース 第50戦隊の穴吹曹長搭乗機機ほか
飛行第1戦隊隊長 武田少佐搭乗機や第11戦隊隊長杉浦少佐搭乗機など
大胆なカラーリングの隊長機のマーキングをセットしました。
敵味方識別帯や防眩塗装部分などもセットされていますので
お手軽にカラーリングをお楽しみ頂くことができます。

1/72スケールは大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、
1型のマーキング集です。3種がラインナップ!

A-72154 中島 一式戦闘機 隼I型「国籍マーク&コーションデータ」


機体各部に描かれた「フムナ」「サワルナ」などのコーションステンシルを精密に再現。
敵味方識別帯や機首の防眩塗装部は貼り易さを考慮して適切に分割していますのでお手軽にマーキングをお楽しみ頂けます。
フチの有無や大きさ違いなど数種をセットした国籍マークも模型製作に大いに役に立ってくれることでしょう。
一式戦闘機「隼1型」製作のマストアイテムです。

A-72155 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #1


「加藤隼戦闘隊」で有名な飛行第64戦隊からは隊長 加藤中佐搭乗機と
後に義足のエースとして名を馳せる檜中尉搭乗機をご用意。
さらにおよそ30機撃墜の隼エース 第50戦隊の穴吹曹長搭乗機機ほか
胴体の三重楔が目を惹く飛行第1戦隊機など計6機種をセットしました。

A-72156 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #2


過酷な南方戦線で活躍した陸軍航空隊を特集。
デカールは大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、1型のマーキング集です。
飛行第1戦隊隊長 武田少佐搭乗機や
第11戦隊隊長杉浦少佐搭乗機など大胆なカラーリングの隊長機が目を惹きます。
さらに尾翼から伸びるイナヅママークが特徴的な第50戦隊所属機や
飛行第11戦隊所属機2種を加えた計6機種をセットしました。

1/48スケールもほぼ同内容で3種がラインナップ!

A-48063 中島 一式戦闘機 隼I型「国籍マーク&コーションデータ」

機体各部に描かれた「フムナ」「サワルナ」などのコーションステンシルを精密に再現。
敵味方識別帯や機首の防眩塗装部は貼り易さを考慮して適切に分割していますのでお手軽にマーキングをお楽しみ頂けます。
フチの有無や大きさ違いなど数種をセットした国籍マークも模型製作に大いに役に立ってくれることでしょう。
一式戦闘機「隼1型」製作のマストアイテムです。

A-48064 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #1

デカールは大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、1型のマーキング集です。
「加藤隼戦闘隊」で有名な飛行第64戦隊からは後に義足のエースとして名を馳せる檜中尉搭乗機をセレクト。
他にもおよそ30機撃墜の隼エース 第50戦隊の穴吹曹長搭乗機機ほか
胴体の三重楔が目を惹く飛行第1戦隊機など計4機種をセットしました。

A-48065 中島 一式戦闘機 隼 1 型 「南方戦線」 #2

デカールは大戦を通じて活躍した一式戦闘機「隼」の初期型、1型のマーキング集です。
第11戦隊隊長杉浦少佐搭乗機の大胆なカラーリングの隊長機が目を惹きます。
さらに尾翼から伸びるイナヅママークが特徴的な第50戦隊所属機や
飛行第11戦隊所属機2種を加えた計5機種をセットしました。

●今回は隼の活躍も目覚ましかったビルマ戦線をはじめとする南方の翼を特集。
1/144は前回に引き続き『荒野のコトブキ飛行隊』シリーズをターゲットにしたデカールシリーズです。
エフトイズさんのキットも充実していて楽しみやすくなっていますよ〜。

●今回お薦めは1/100の隼1型用のアシタのデカール。
エフトイズさんのキットが元からナイスな迷彩が描かれていますので
貼るだけで雰囲気のある完成品が作れそうです。
ワタクシも貼ってみます。
う〜ん、チカ機は大変かなぁ・・・。

●1/72はファインモールドさんのMG誌付録キットに合わせています。
風防の塗り分けなど作りやすさにも拘った意欲作ですが、遅ればせながらアシタのデカールも登場です。
武田機や杉浦機の派手なマーキングは是非ともコレクションに加えて頂きたいですね〜。

●1/48は定番ハセガワさんのシリーズにフィックス。
息の長いキットですが、今回は今までデカールになっていなかったマーキングもセットしています。
ひと味違ったコレクション製作にもオススメのデカールです。

●というわけで、南方戦線を特集したデカールが登場です。
トップの画像では穴吹機の胴帯が繋がっていますが、製品ではイナヅママークを避けるように抜いてありますのでご安心を。
細かい部分は追々ツイッターでご案内させて頂きます〜。




アシタのデカール 8月新製品のご案内です! 19.08.08






●アシタのデカール8月発売予定新製品のご案内です。
およそ半年ぶりに大戦機が登場!
飛龍VSアベンジャーの日米爆雷撃機対決です!
シリーズタイトルは『爆雷のアルキメデス』
大ヒット映画に載っかってみました〜。

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方はコチラのリストの小売り店様及び問屋様でご予約開始となります。
MYK DESIGN直販のAmazon/ヤフオク! でもご予約受付中!

●今回、WEB直販でのご予約特典として限定のボーナスデカールをご用意致しました!
・HMSクイーン搭載機 アベンジャーII 「赤のQ」
イギリス海軍航空隊所属機です。



ヤフオク!、楽天、AmazonのMYK DESIGN直販で1/144「アシタのデカール」新製品(A-517、A-518、A-519、A-520、A-521、A-522、A-523)いずれか3枚をご予約につき1枚ご進呈させて頂きます。
例1)A-517×1、A-518×1、A-519×1をご予約で1枚ご進呈。
例2)A-520×2、A-521×2、A-522×1をご予約で1枚ご進呈。
例3)A-517×2、A-519×2、A-523×2をご予約で2枚ご進呈。
8月11日までにご予約された方が対象となります。
※ご予約特典は売買が成立時のご進呈となり、ご予約品と同梱でお届けさせて頂きます。


●それではラインナップです。
 飛龍、アベンジャー共に1/72と1/144で登場!
 まずは飛龍から。

A-517A-72149
 三菱 キ67 四式重爆撃機 飛龍「陸軍爆撃隊」


硫黄島の戦いや沖縄戦で奮闘した飛行第60戦隊・飛行第110戦隊所属機、
飛龍に装備改変したものの特攻部隊として終戦を迎えた飛行第62戦隊所属機、
重爆教導師団とも云える浜松教導飛行師団所属機の5機種をセットしました。

A-518A-72150
 三菱 キ67 四式重爆撃機 飛龍「靖国部隊」


陸軍機にもかかわらず優秀な運動性能を買われ、海軍指揮下で雷撃機としても運用された四式中爆 飛龍。
デカールは飛龍の海軍による通称「靖国」の名から「靖国部隊」と呼ばれた雷撃部隊を特集。
海軍指揮下でフィリピン、サイパン、沖縄で活躍した飛行第7戦隊所属機、
バリクパパン攻撃に参加し「七生神雷隊」と呼ばれた飛行第61戦隊所属機など
5機種をセットしました。

A-519A-72151
 三菱 キ67 四式重爆撃機 飛龍「派生型」


戦争末期の運用にもかかわらず、その優秀な運動性能から多くの派生型が作られました。
飛行第14戦隊の特殊航続距離延長機、
飛行第107戦隊の特殊防空戦闘機キ109、
イ号1型甲無線誘導弾母機型など7機種をセットしました。

続いてアベンジャーのラインナップです。

A-520A-72152 
 アメリカ海軍 TBM-3 アベンジャー「トライカラー」


アベンジャー最多生産型TBM-3のマーキング集です。
1943年より採用されたブルー3色で彩られたトライカラー迷彩の機体を特集。
空母ランドルフ搭載機、マカサーストレイト搭載機など5機種をセットしました。

初回出荷分限定でボーナスデカールが付属します。
TBM-1Cアベンジャー「G.W.ブッシュ搭乗機」



A-520とA-72152の初回出荷分限定で各スケールのデカールが付属します。後のアメリカ大統領となったジョージ・ブッシュ中尉搭乗機です。

A-521A-72153
 アメリカ海軍 TBM-3 アベンジャー「シーブルー」


アベンジャー最多生産型TBM-3のマーキング集です。
大戦末に採用されたグロッシーブルーの機体を特集。
空母インディペンデンス搭載機、ラドヤードベイ搭載機、
シャングリラ搭載機の3機種をセットしました。

A-522 
 アメリカ海軍 TBM/TBF-1C アベンジャー「トライカラー」

アベンジャー初期生産型TBM-3のマーキング集です。
1943年より採用されたブルー3色で彩られたトライカラー迷彩の機体を特集。
空母イントレビット搭載機、レキシントン搭載機など5機種をセットしました。

A-523 TBM-3S/3W アベンジャー 「海上自衛隊」

第2次世界大戦後、米軍より海上自衛隊に貸与されたTBM-3のマーキング集です。
索敵機の3W「ハンター」と攻撃機の3S「キラー」がチームを組んで運用されていました。
ネガとポジのようなカラーリングの「ハンター」と「キラー」両機を収録しています。

モチロン、貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」、
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●ツイッターでお伝えしたとおりプラッツさんの『荒野のコトブキ飛行隊』シリーズをターゲットにしたデカールシリーズ第1弾となります。
1/144のラインナップから久しく漏れていた四式重爆飛龍ですがエフトイズさんの金型流用で復活!
1/72共々デカールをご用意させて頂きました〜。
久々の大型機デカール、お楽しみ下さい!

●以下、映画『アルキメデスの大戦』冒頭部分の映像について記述があります。
ネタバレという程ではないと思いますが、未鑑賞の方はご注意下さい。





















アベンジャーはエフトイズさんのウイングキットコレクションVS10にフィックス!
アベンジャー、『アルキメデスの大戦』冒頭でヘルダイバーと共に大和を屠ったシーンが強烈に印象に残っています。
VS10ではTBM-1CとTBM-3の作り分けも再現ていますので、デカールもそのようにラインナップさせてみました。

●ということで、『アルキメデスの大戦』鑑賞して参りました。
エアブレーキ全開で大和へ急降下爆撃を加えるヘルダイバーと超低空で大和の脇腹へ侵入するアベンジャー、凄まじい迫力でした。
凄惨なシーンもありますが、ワタクシは鑑賞をお薦めさせて頂きます。
























●映画『アルキメデスの大戦』について記述はここまで。

●もうすぐ終戦の日という事で歴史を振り返る上でもタイムリーなラインナップかもしれません。
簡単な作例もツイッターなどで掲載予定ですので宜しければご覧下さい〜。




アシタのデカール 7月新製品のご案内です! 19.06.28






●アシタのデカール7月発売予定新製品のご案内です。
お待たせ致しました!かねてよりお知らせしていました
航空自衛隊 F-4ファントムIIシリーズがいよいよ登場!
今回は特に第302飛行隊にスポットを当てた展開となります。
シリーズタイトルは『栄光の第302飛行隊-天の巻-』
F-4 ファイナルフライトの勇姿をデスクトップに再現してください!

●お手にとってご購入されたい方、オンラインショップでの購入をご希望の方はコチラのリストの小売り店様及び問屋様でご予約開始となります。
MYK DESIGN直販のAmazonご予約受付中!
ヤフオク!の出品は少々お待ち下さい。

●それではラインナップです。
 ファイナルフライト ブラックファントムは1/72と1/144で登場!

A-72144 航空自衛隊 F-4EJ/EJ改 ファントム I I
       「302SQファイナル ブラックファントム」


2019年3月、F-4に別れを告げた第302飛行隊。
1974年の部隊創設からF-4一筋、45年の長きに渡るものでした。
「アシタのデカール」にF-4 302SQの有終の美を飾るファイナルファントム、
特別塗装の『ブラックファントム』いよいよが登場です。
デカールは第302飛行隊の部隊マーク「オジロワシ」をモチーフにした精悍なマーキングを精密に再現。
美しいシルクスクリーン印刷が更に模型を引き立てます。
ファイナルイヤーを大いに盛り上げた第302飛行隊のファントム最後の勇姿、
是非机上でお楽しみ下さい。

A-516 航空自衛隊 F-4EJ/EJ改 ファントム I I
     「302SQファイナル ブラックファントム」


1/72と同内容ですが302SQのファイナルフライトを記念して
部隊にちなんだ機番#302とブラックファントムの通常塗装用の
機番#399もセットされます。

●退役間近のF-4EJ、オーラスを飾るべく1/72で定番デカールも登場です。

A-72145 航空自衛隊 F-4EJ/EJ改 ファントム I I
      「コーションデータ」
航空自衛隊 F-4EJ ファントム I I のコーションデータデカールです。
最新の資料を元に製作。機体各所にビッシリと記されたコーションステンシルは圧巻です。
EJとEJ改の微細な違いも忠実に再現。
精密なコーションデカールが模型をより一層引き立てます。

初回出荷分限定でボーナスデカールが付属します。
『航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム I I
「第302飛行隊 #302 & #399」』

A-72146 航空自衛隊 F-4EJ ファントム I I
      「部隊インシグニア & シリアルナンバー」


航空自衛隊 F-4 ファントム I I のシリアルナンバーと部隊マークデカールです。
デカールは改修前の「EJ」型のマーキングを特集。
F-15Jに装備改変前の303SQ、304SQ、305SQ、306SQのクラシックなマーキングも勢揃い。
特に303SQと306SQは今では目にする機会も少なくなった旧マークとなります。
301SQ、302SQ、ADWといった現行部隊のマーキングも「EJ」時のものをセット。
301SQは大きさと星の数だけではなくマークの形状もリサーチして製作したコダワリの仕様。
302SQは試験的に運用された小さいマークもセットしました。

A-72147 航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム I I
      「部隊インシグニア & シリアルナンバー」


航空自衛隊 F-4 ファントム I I のシリアルナンバーと部隊マークデカールです。
デカールは改修後の「EJ改」型のマーキングを特集。
「EJ改」を運用した301SQ、302SQ、306SQ、8SQ、ADWのマーキングが勢揃いです。
301SQ、302SQ、ADWといった現行部隊のマーキングも「EJ」時のものをセット。
301SQは大きさと星の数だけではなくマークの形状もリサーチして製作したコダワリの仕様。
8SQはいわゆる「洋上迷彩」仕様にお使いできるシリアルナンバーをご用意しました。

A-72148 ウエポンセット
      「航空自衛隊 PART 1 空対空・空対艦ミサイル」


航空自衛隊装備 空対空ミサイル、空対艦ミサイルの汎用デカールセットです。
空対空ミサイルはAAM-3、AIM-7、AIM-9を、
空対艦ミサイルはASM-1とASM-2の2種をご用意しました。
いずれも数発ずつ付いていますのでお手元のキットに合わせてご使用下さい。

モチロン、貼り付け後にニス部分を剥がせる「アシタのデカール」、
デカールを貼る手軽さで、塗装したような仕上がりをお楽しみください!

●ということで、ツイッターでチマチマとご紹介していたデカールがようやく登場です。お待たせしました〜。
1/72はハセガワさん、1/144はエフトイズさんのハイスペックシリーズにフィックスさせています。
302SQがF-35に機種改変、301SQも来年には機種改変・移転とのことで
日本におけるF-4ファントムに一区切りが付きそうですね。

●デカール的にもこのタイミングを逃すと作れないかもしれないという事で
1/72はコーション、部隊マーク、シリアル、ウエポンと一通り揃えてみました。
時間は大分掛かってしまいましたが、何とか納得できるものが作れましたので
お手に取って頂けると嬉しいです。

●それから今回のシリーズタイトルは『栄光の第302飛行隊-天の巻-なんですが、もちろん-地の巻-も予定していまして、
タイムアップで作りきれなかった『ホワイトファントム』が控えております。
コチラも1/72と1/144を予定していますよ〜。





アシタのデカール 6月新製品
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!
19.06.09





●アシタのデカールのキャラクター模型用ブランド
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』に新色
ライトグレー第2弾がラインナップ!
先月のコーションシリーズと併せてお使い頂きたい、アラビア数字・アルファベットが登場です。
ステルス機などでよく見られる所謂ロービジマーキングでお使い頂けると
一気にリアル感が増します。
画像はF-35BライトニングII(実機)です。↓


●白などの明度が高いカラーリングに使うと透明感のあるクールな雰囲気となります。どうぞ幅広くご利用下さいませ〜。


さて、改めて「アシタのデカール」とGMデカールのご案内です。
「アシタのデカール」

デカールの貼り付け乾燥後に透明部分を剥がせる特別なデカール
インレタと同じような仕上がりですが、多色刷りが可能で位置決めも通常の水転写デカールと同様に行えます。
不自然なデカールの透明部分の反射もなくペンキなどでペイントされた実在のマークさながらの出来映えです。


●商品パッケージはコチラ!
左から1/100スケール、1/144スケール、1/100裏側となります。
売り場でも一際目立つオレンジイエローが目印です!



●さて、「アシタのデカール」をご存じない方には透明部分を剥がせる特別なデカールといわれてもピンとこないかもしれません。
なので、画像を交えてご紹介させて頂きます〜。

1.デカールを貼る
 台紙から切り出したデカールを水またはぬるま湯に浮かべて
 模型に貼り付けます。
 こういった工程は普通の水転写式デカールとほぼ変わりません。
 デカールの透明部分が光を白く反射していますね〜。

 
 ご注意頂きたい点は水に浮かべる前にデカールの透明部分を切らないこと!
 透明部分に力が加わることにより貼り付ける前にインクから剥がれてしまう
 場合があります。
 その他の部分も含めてご注意頂きたい点などは付属の使用上の注意
 解りやすく記載してありますのでご安心を。

2.デカールの透明部分を剥がす。
 デカールが完全に乾燥してからいよいよ透明部分を剥がします。
 透明部分の端からゆっくりと。
 画像ではピンセットを使用しましたが、先の鋭利な刃物で引っかけたり
 粘着テープを用いても可能です。



 透明部分にインクがくっついてきてしまった場合は、
 市販のデカール用糊等を塗布してからそっと戻すと
 乾燥後にリトライできます。
 この辺りのTIPSも付属の説明書に解りやすく記載してあります。

3.透明部分を完全に剥がしたデカール
 表面に残っている糊を水分を含ませた綿棒などでぬぐいます。
 この後、模型の他の部分とのツヤを整えたり、表面を保護するために
 トップコートを吹き付けても良いでしょう。
 ただし、吹き付けすぎはインクが溶剤により溶け出す可能性がありますので
 何回かに分けて少しずつ吹き付けてください。



●特に細かいマークを剥がす時にはちょっとしたコツというか塩梅が必要だったりしますが、こんなカンジでビッシリとコーションデカールを貼ることができます。↓

デカールを貼る前
1/144スケールの航空機です。
大きさ的にはガンプラの1/144スケールよりさらに小さく全長は11cmほどです。
食玩なのでパッケージから出したままの状態となります。



「アシタのデカール」を貼り付けた状態】
デカールは「アシタのデカール」の航空機模型シリーズを使用しています。
スケールは1/144。今回リリースしたGMデカールシリーズの1/144コーションよりもう少し細かいプリントになります。
台紙から切り出して貼り付けただけの状態です。


透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 1】
トップコートはつや消し。スプレーのものを使用しています。
「アシタのデカール」の場合、トップコートを吹く目的は
・表面保護
・ツヤの調整

の2点です。
透明部分を見えなくするための研ぎ出しをする必要はないので塗膜も薄く仕上がります。


透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 2】
コチラも食玩ベース。水色部分、機番、日の丸、コーションは「アシタのデカール」です。
実機がグロス塗装なので透明部分を剥がした後、ツヤ有りのクリアーを最終的にはかなり厚吹きしてテロッと仕上げています。
段階を踏んでスプレーしていけばこのように厚吹きも可能です。


【ウォッシングをした状態】
トップコート吹きつけ後にエナメル塗料で軽くウォッシングしています。
このような使い方も可能です。
トップコートなしでもエナメルには耐性が高いですが、エナメル塗料の性質上
浸け過ぎにはご注意下さい。


参考までに全体はこういった具合になりました。


コチラは同じく塗装済みのトレフィグにコーションデカールを貼り付けたもの。航空自衛隊のF-15です。
機体に細かく付いている黒・赤・黄色のマークが全て「アシタのデカール」によるコーションです。


コーションデカールはGMデカールの1/144よりさらに細かいコーションになっています。
文字の判読は難しい大きさですが、繊細なコーションデカールで精密感が
グッとアップしています。
タンポ印刷などで元からこのような状態というわけではありませんよ〜。
透明部分を剥がしてしまうと本当にプリントされているような錯覚を起こします。


●如何ですか?「アシタのデカール」で通常のデカールとまた違った仕上がりをお楽しみ頂けるのが伝わったでしょうか?
ご覧頂いたとおり、デカールを貼る手軽さで塗装したような美しい出来映えとなります。
コーションのような細かい文字でも透明部分が無くなり実感溢れる仕上がりになります。
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』でも美しく繊細なデカールをラインナップしています。
是非一度お試し下さい!

『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』、現在は
1/100と1/144の2種のスケール展開をしています。
これはSFに登場する18メートル前後の人型兵器を想定したスケール感。
汎用性の高いコーションマーク、部隊符号にピッタリのナンバーデカールや
フォントデカール、カッコイイ部隊マークなどをリリースしていきますが、
各マークはシールドや肩、胸やポイントとなる装甲などに程良く貼れるよう
スケール毎に大きさを調整しています。

●今回は新色ライトグレーがラインナップ!
ダークグレー
ホワイトレッドの3色も展開していますので組み合わせてご利用されるとプレイバリューも広がります。

それでは今月のラインナップです。
人気のナンバー・フォントシリーズに新色ライトグレーが登場!

部隊符号や機体番号などになどにオススメのミリタリー風のステンシル書体
「ミリタリーステンシル」
アウトライン書体「ラインシェイプ」をご用意しました。
「ミリタリーステンシル」は軍用のステンシルペイントをアレンジ。
書体の分割ラインは実際の航空機や戦闘車両にステンシルへの吹きつけ塗装で描かれている文字を参考に制作しています。
「ラインシェイプ」は「ミリタリーステンシル」を元にアウトラインを書体にして近未来的なミリタリー書体にしました。
もちろん単純にアウトラインをなぞっただけではなく適宜調節して違和感の無い様デザインしています。

数字・文字は各々太さや長さのバランスを取っていますのでどの文字を並べても自然に見えます。
大きさも人型兵器の盾や肩、胸、肘、膝など部隊記号が映えそうな箇所に程良く貼れるようスケール毎に調整
その際機械的に大きさを変えるのではなく、サイズごとに文字の太さ長さのバランスをさらに個別に見直しています。


■GM ナンバーデカール No.3
「ミリタリーステンシル 」【1/100】

 GM-057 ライトグレー

■GM ナンバーデカール No.4
「ラインシェイプ」【1/100】
 
 GM-058 ライトグレー


※グレーは見やすくするために色味を変えています。

■GM ナンバーデカール No.5
「ミリタリーステンシル&ラインシェイプ 」【1/144】
 
 GM-059 ライトグレー

■GM フォントデカール No.1
「ミリタリーステンシル ・アルファベット」【1/100】

 GM-060 ライトグレー



※グレーは見やすくするために色味を変えています。


■GM フォントデカール No.2
「ラインシェイプ ・アルファベット」【1/100】

 GM-061 ライトグレー

■GM フォントデカール No.3
「ミリタリーステンシル&ラインシェイプ ・アルファベット」
【1/144】

 GM-062 ライトグレー


※グレーは見やすくするために色味を変えています。

●そして、漢字シリーズにも新色ライトグレーがラインナップ!
スローガン部隊マークにオススメの漢字の詰め合わせをご用意しました。

実際に「剣」「忍」等は部隊の意気込みや機体の愛称を表すために航空自衛隊や陸上自衛隊の航空機にも描かれていますし、
「見敵必殺」「天誅」も同様に自衛隊機の記念塗装機や競技会用の特別塗装機に描かれて迫力のペイントを披露しています。
ひと文字の中に多くの意味を持たせることのできる漢字は現実世界でも軍隊のマークとして優れたものといえます。
そして架空のSF世界でも同様に漢字が軍隊のマークとして使用されているはず・・・それがこのデカールのコンセプトです。

漢字はナンバーデカールに引き続き毛筆による書体をチョイス。書家による手書きの書体は独特の迫力があります。
大きさも人型兵器の盾や肩、胸、肘、膝など部隊記号が映えそうな箇所に程良く貼れるようスケール毎に調整。
既に発売中の「GMコーションデカールシリーズ」と併せてご利用頂ければよりプレイバリューが広がります。

■GM フォントデカール No.4
 「漢字ワークス ・サムライ」【1/100】

 GM-063 ライトグレー

■GM フォントデカール No.5
 「漢字ワークス ・サムライ」【1/144】

 GM-064 ライトグレー



●ということで、先月に引き続きGMデカールにライトグレーが登場!
コーション同様にグレー系の航空機デカールのノウハウをフィードバックした
暗色系にも淡色系にもお使い頂ける色味で製作しております。
薄すぎず、濃すぎず、極端に赤系や青系などを感じさせない色味で、という所ですね。

●コーションのライトグレーもそうでしたが、特に白地ではライトグレーのデカールを貼り込んで情報量が多くなってもうるさくならないので
お手軽に高密度のハイディティール模型がお楽しみ頂けます。
是非ともお試し下さい〜。

●GMデカール次回は完全新規のデカールが控えています。
使い勝手の良い汎用性の高いデカールをご用意していますよ〜。
お楽しみに!





アシタのデカール 5月新製品
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』のご案内です!
19.05.15






●アシタのデカールのキャラクター模型用ブランド
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』に新色
ライトグレーが登場!
制空迷彩などのグレー系の塗装に敢えて視認性を低くした
ミリタリーモデルでいう所のロービジマーキングでお使い頂けると
一気にリアル感が増します。
イメージとしてはこんなカンジですね〜↓


画像はステルス機のF-35B。カッコイイ〜!
ということで、ステルス機を表す記号としてもオススメだったりします。

●逆に白などの明るめの機体に使った場合、赤だとちょっとうるさいかな〜というケースで控えめにアクセントを付けてくれます
淡い塗装地×ライトグレーの組み合わせ、
貼るだけで今風のオシャレな雰囲気も醸し出してきます。
ぜひ、淡い色の機体にもお使いになってみて下さい〜。


さて、改めて「アシタのデカール」とGMデカールのご案内です。
「アシタのデカール」

デカールの貼り付け乾燥後に透明部分を剥がせる特別なデカール
インレタと同じような仕上がりですが、多色刷りが可能で位置決めも通常の水転写デカールと同様に行えます。
不自然なデカールの透明部分の反射もなくペンキなどでペイントされた実在のマークさながらの出来映えです。

●商品パッケージはコチラ!
左から1/100スケール、1/144スケール、1/100裏側となります。
売り場でも一際目立つオレンジイエローが目印です!



●さて、「アシタのデカール」をご存じない方には透明部分を剥がせる特別なデカールといわれてもピンとこないかもしれません。
なので、画像を交えてご紹介させて頂きます〜。

1.デカールを貼る
 台紙から切り出したデカールを水またはぬるま湯に浮かべて
 模型に貼り付けます。
 こういった工程は普通の水転写式デカールとほぼ変わりません。
 デカールの透明部分が光を白く反射していますね〜。

 
 ご注意頂きたい点は水に浮かべる前にデカールの透明部分を切らないこと!
 透明部分に力が加わることにより貼り付ける前にインクから剥がれてしまう
 場合があります。
 その他の部分も含めてご注意頂きたい点などは付属の使用上の注意
 解りやすく記載してありますのでご安心を。

2.デカールの透明部分を剥がす。
 デカールが完全に乾燥してからいよいよ透明部分を剥がします。
 透明部分の端からゆっくりと。
 画像ではピンセットを使用しましたが、先の鋭利な刃物で引っかけたり
 粘着テープを用いても可能です。



 透明部分にインクがくっついてきてしまった場合は、
 市販のデカール用糊等を塗布してからそっと戻すと
 乾燥後にリトライできます。
 この辺りのTIPSも付属の説明書に解りやすく記載してあります。

3.透明部分を完全に剥がしたデカール
 表面に残っている糊を水分を含ませた綿棒などでぬぐいます。
 この後、模型の他の部分とのツヤを整えたり、表面を保護するために
 トップコートを吹き付けても良いでしょう。
 ただし、吹き付けすぎはインクが溶剤により溶け出す可能性がありますので
 何回かに分けて少しずつ吹き付けてください。



●特に細かいマークを剥がす時にはちょっとしたコツというか塩梅が必要だったりしますが、こんなカンジでビッシリとコーションデカールを貼ることができます。↓

デカールを貼る前
1/144スケールの航空機です。
大きさ的にはガンプラの1/144スケールよりさらに小さく全長は11cmほどです。
食玩なのでパッケージから出したままの状態となります。



「アシタのデカール」を貼り付けた状態】
デカールは「アシタのデカール」の航空機模型シリーズを使用しています。
スケールは1/144。今回リリースしたGMデカールシリーズの1/144コーションよりもう少し細かいプリントになります。
台紙から切り出して貼り付けただけの状態です。


透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 1】
トップコートはつや消し。スプレーのものを使用しています。
「アシタのデカール」の場合、トップコートを吹く目的は
・表面保護
・ツヤの調整

の2点です。
透明部分を見えなくするための研ぎ出しをする必要はないので塗膜も薄く仕上がります。


透明部分を剥がしてトップコートを吹いた状態 2】
コチラも食玩ベース。水色部分、機番、日の丸、コーションは「アシタのデカール」です。
実機がグロス塗装なので透明部分を剥がした後、ツヤ有りのクリアーを最終的にはかなり厚吹きしてテロッと仕上げています。
段階を踏んでスプレーしていけばこのように厚吹きも可能です。


【ウォッシングをした状態】
トップコート吹きつけ後にエナメル塗料で軽くウォッシングしています。
このような使い方も可能です。
トップコートなしでもエナメルには耐性が高いですが、エナメル塗料の性質上
浸け過ぎにはご注意下さい。


参考までに全体はこういった具合になりました。


コチラは同じく塗装済みのトレフィグにコーションデカールを貼り付けたもの。航空自衛隊のF-15です。
機体に細かく付いている黒・赤・黄色のマークが全て「アシタのデカール」によるコーションです。


コーションデカールはGMデカールの1/144よりさらに細かいコーションになっています。
文字の判読は難しい大きさですが、繊細なコーションデカールで精密感が
グッとアップしています。
タンポ印刷などで元からこのような状態というわけではありませんよ〜。
透明部分を剥がしてしまうと本当にプリントされているような錯覚を起こします。


●如何ですか?「アシタのデカール」で通常のデカールとまた違った仕上がりをお楽しみ頂けるのが伝わったでしょうか?
ご覧頂いたとおり、デカールを貼る手軽さで塗装したような美しい出来映えとなります。
コーションのような細かい文字でも透明部分が無くなり実感溢れる仕上がりになります。
『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』でも美しく繊細なデカールをラインナップしています。
是非一度お試し下さい!

『GOOD MARK DECALS グッドマークデカール』、現在は
1/100と1/144の2種のスケール展開をしています。
これはSFに登場する18メートル前後の人型兵器を想定したスケール感。
汎用性の高いコーションマーク、部隊符号にピッタリのナンバーデカールや
フォントデカール、カッコイイ部隊マークなどをリリースしていきますが、
各マークはシールドや肩、胸やポイントとなる装甲などに程良く貼れるよう
スケール毎に大きさを調整しています。

●カラーはそれぞれダークグレーホワイトレッドの3色に加えて
新色ライトグレーがラインナップ!
それでは今回の新製品ライトグレーシリーズのラインナップです!

GM コーションデカール No.1
 「アヴィエーションテイスト・英語表記#1」

 GM-049 ライトグレー


GM コーションデカール No.2
 「アヴィエーションテイスト・英語表記#2」

 GM-050 ライトグレー



1/100スケールのコーションデカール
です。
※グレーは見やすくするために色味を変えています。
「アヴィエーションテイスト」
ということで航空機的な運用表現を意識したコーションマークとなります。
文面の内容も『英語表記』は米軍機を参考に
「軍用機特有の表現・言い回し」を用いて再現。
例えば、慣例的に「NO〜」ではなくて「DO NOT 〜」となるような部分とか
「〜MAY 〜.」というような言い回しは使わないとか、です。
架空のSF兵器を想定していますが、小さい部分の積み合わせで現実感を損なわないよう配慮されたマークとなっています。


※画像はGM-002です。柄はGM-049と同じものとなります。

定番的なデカール
ということでデザイン含めて分量が多くなりましたので
#1と#2に分けてのリリースとなりました。

GM コーションデカール No.3
 「アヴィエーションテイスト・日本語表記#1」

 GM-051 ライトグレー

GM コーションデカール No.4
 「アヴィエーションテイスト・日本語表記#2」

 GM-052 ライトグレー





1/100スケールのコーションデカール
です。
※グレーは見やすくするために色味を変えています。
ありそうでなかった『日本語表記』によるコーションマーク集。
こちらも「アヴィエーションテイスト」ということで航空機的な運用表現を意識したコーションマークとなります。
文面の内容も『日本語表記』は自衛隊機を参考に
「軍用機特有の表現・言い回し」を用いて再現しました。


画像はGM-010です。柄はGM-052と同じものとなります。


コチラは航空自衛隊のF-4EJ改ファントムII。


くぅ〜〜、ファントム、カッコイイ!
射出装置用の注意書きが見えますが、言い回しとか独特の表現が見て取れます。
日本語と一緒に英語表記も併用されていますね〜。

こちらも定番的なデカールということで分量が多くなりましたので
#1と#2に分けてのリリースとなりました。

GM コーションデカール No.5
 「アヴィエーションテイスト・英語表記#1」

 GM-053 ライトグレー

GM コーションデカール No.6
 「アヴィエーションテイスト・日本語表記#1」

 GM-054 ライトグレー



こちらは1/144スケールのデカール。
※グレーは見やすくするために色味を変えています。
英語表記、日本語表記共に1/100の#1、#2をマークをセレクトしながら
1枚にまとめたものとなります。



※画像はGM-016です。柄はGM-054と同じものとなります。

単純にスケールダウンしたものではなく文字間や行間などの文字組や
矢印や○、□などのマークとの組み合わせも全て見直しています。
1/144は1/144ならではのポイントがありますのでその辺りは拘って作らせて頂きました。
同じ理由で、1/144にのみ収録されているマークもあったりします。


GM ナンバーデカール No.1
 「サムライナンバーズ#1」

 GM-055 ライトグレー

GM ナンバーデカール No.2
 「サムライナンバーズ#1」

 GM-056 ライトグレー



コーションデカールと組み合わせてご利用頂きたい『ナンバー』デカール
シリーズNo.1が1/100No.2が1/144用となります。
※グレーは見やすくするために色味を変えています。
日本語表記のコーションデカールがあるからにはそれに見合った番号記号のデカールもということで、漢字デカール・ナンバリング編が登場です。


※画像はGM-021です。柄はGM-055と同じものとなります。

漢数字は常用の「一〜十」の他、「壱〜拾」の大字もセット。
漢数字と併せて使用できる「甲・乙・丙・丁・戊」といった十干や形式表現に利用できる「式、型、号、號、機」などもセレクトしました。
10年以上前に同じコンセプトの漢字デカールをリリースしていますが
そのときにできなかったことも含めてのリベンジだったりします。

書体はデザイナーによってデザインされたフォントではなく
書家による毛筆書体
独特の力強さ、外連味はアーティストによる手書きならではです。
とはいえ、一部癖の強すぎる所はチョコチョコと手直ししたりして
デザイン的に使いやすくしています。

●ということで、GMデカールに新色が登場!
今回はロービジを強く意識したライトグレーです。
航空機のデカールでもグレー系を多数製作してきましたが、
そういったノウハウをフィードバックして
暗色系にも淡色系にもお使い頂ける色味で製作しております。
薄すぎず、濃すぎず、極端に赤系や青系などを感じさせない色味で、という所ですね。

●特に白地では沢山貼って情報量が多くなってもうるさくないという現象が発生します。
スジ彫りなどでディティール彫り込んだりするのは大変ですが、デカールなら貼るだけ。お手軽に高密度のハイディティール模型がお楽しみ頂けます。
是非ともお試し下さい〜。

●GMデカールライトグレーは機体番号などにご利用頂けるアラビア数字やアルファベットも準備中です。
もちろん、完全新作も登場予定!ご期待下さい〜!!


 


Copyright (C):2019 MYK DESIGN. All Rights Reserved.

海洋堂ワールドタンクミュージアム(WTM)対応の1/144スケール戦車用デカールやエッチングパーツ、 1/144スケール飛行機用デカールを製作しております。 詳しくはこちら! YAHOO!オークションへ! アマゾンへ!